車売却時に買う側にライバルを多く作る簡単な方法!

こんばんは!今日は仕事が忙しくちょっと疲れたなという感じです((+_+))

さて、前回の続きですが、どうやったら車を高く売ることができるか?
ですが、買う側にライバルを多く作れば良いというところまで
お話して前回は終わってましたよね?

今日はどうやったらライバルを多く作れるかについて書きますが、
その方法は簡単です!というか答えを言ったら、「なんだそんな事か」と
がっかりされてしまいそうですが・・・
答えは、一括査定サイトを使うこと!!!です!

この方法が一番簡単で、それでいて手間も省けて時間も短縮できて
しかも高く売れてで車を売るならば一括査定が1番良いと思います(^O^)

一括査定と言えば、申込と同時にたくさんの買取希望者から電話が
引っ切り無しにかかってきて、かなりウンザリさせられるんですが、
最近新しい一括査定サイトも登場したようで、実はこの前僕も使ってみたんですが、
買取店から電話がかかってくることはなく、めっちゃ良かったので
一括査定を使いたいけど電話がめんどくさいという人は、
タレントのローラが広告塔になっているユーカーパックっていう
一括査定を使うと良いと思います!(^^)!

ユーカーパックのおすすめポイントは
この岡山市で車を高く売るならここ!車買取業者おすすめランキング!
に体験談が書いてあるので読んでみると良いと思います!
話を戻しますが、とにかく車を高く売りたいならば、
買う側にライバルを多く作ることがポイントなんですけど、
実はこの一括査定を使うというだけで、もう既にライバルを
多く作るっていうのができてしまっているんです!
なぜならば、一括査定を経由して査定申込をすれば、
そこで査定してくれる業者というのは、こちらが一括査定を
利用していることは分かってますし、イコール他にもたくさんの
買取店が査定するのも当然分かっていますから、
安い金額を提示したって買取できないなんてことは分かってるはず
ですよね!

だから一括査定は高く売れるんですね~!
意外と簡単な説明になっちゃいましたが
本当に高く売れるので是非実践してみてください!
ただ、一括査定を利用したからといって必ずしも高く売れるという
ことではなく、注意点やどこの一括査定サイトが良いのかなど
また次回以降少しずつお話いますね(^_-)

ではまた!

はじめましてタツミです!車を高く売る方法を書いていきます!

突然ですが、みなさんは車持ってますか?僕はこの前、車を売ってきました!気づけばこれでもう5回目です(´Д`) そしてもうすぐ新しく買った車の納車です!二人の子供も小学生になり自分の趣味だけでは車を買えなくなってきてしまい、今回はベルファイアを買いました!(本当はスポーツセダンが好きなんです)結構高くてしんどいですが、前の車がかなり高くうれたので良かったです(^-^)

 

そんな僕が今回このブログを始めたのは、気づけば5回にもなっていた車売却ですが、少しでも高く売りたい人の為に、高く売るコツや注意点、おすすめ情報などを少しずつでもお伝えしていけたらと思い始めることにしました。興味を持って頂けたら嬉しく思います。

 

おっと、自己紹介が遅れました(;’∀’)私、タツミと申します。小学生の子供二人と妻と4人暮らしです。昼間は不動産会社に勤務しており、お酒好き、寝不足のかなり不規則な生活です!笑

 

さて、車を売ると言っても実にたくさんの方法があります。①ディーラーで下取りしてもらう(これが1番多いかもしれませんね)②ガリバーやアップル、ラビット、ビッグモーターなど大手中古車店に買い取ってもらう③個人経営などの中古車店に買い取ってもらう④Yahooオークションなどに出品する⑤友人、知人に売却するなどなどですね。それ以外にも一般の人は入れませんが、買取のプロが集まるオークションなんかもありますよね。

 

では、このうちのどの方法が一番高く車を売ることができるのか?あまり考えずにディーラーに下取りしてもらって、買う車からも値引きしてもらってっていう人が多いと思います。でも本当にそれで良いんでしょうか。もしかしたら中古車店のほうが高く買い取ってもらえるかもしれないのに(?_?)

 

 

何か者を売ろうとするとき、それを欲しいという人が他にもいる場合といない場合、どちらが高く売れると思いますか?そうです。当然他にもそれを欲しいという人がいる場合のほうが値段は高騰します!今の不動産なんか大分高くなりましたよね?買いたいという人が多くなれば値段は自然と高くなるんです(@_@)

 

では、どうやったら自分の車を高く売ることができるのか?

そうです。欲しいという人がたくさんいるようにすれば良いわけです。買い手側にライバルを作ってあげるということですね(^-^)

 

では具体的にその方法とは?そのあたりは次回以降少しずつお話ししていきたいと思います!